エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

イヤな人の対応法について自分なりに考えてみた

キライっていう嫌な感情

昔からなんだけど
関わる人を本気で嫌いになるのって難しい
いつかまたご縁があるんじゃないかとか
そういう人との出会いですら意味を見出そうとするからか
実際必ずなにかしら、意味を見出すことはできる
 
この人いやだなーって感じたり
ある行動がいやだなーって感じたとき
批判とかを考えたり言ったりすると
自分自身がとてもいやな感じになっていく
 
その瞬間はスッキリしても
小さなモヤモヤとかいやな気持ちは
絶対にずーっと残って蓄積されていく
 
どんどん溜まると巡り巡って
いろんな形で自分に還ってくる
 
今の会社という組織に入って
幅広い年齢層、多種多様な経歴を持つ人たち
多くの人と関わり、人の行動に対する批判とかがめっちゃ増えて
自分のダークな部分が少し多くなった気がする
 
よくないね
でも多少湧くのはしょうがない
人間だもの
 
湧いてくるのがしょうがないなら処理方法を考えないと
基本的には相手を変えようとするのではない
それはかなり困難だしすべての人に働きかけれない
だからまずは自分の受け止め方を考えて変えてみる 
 

その処理の仕方~心理学的アプローチ~

よく聞くのは心理学の「シャドウ」って考え方
人は鏡ってやつか 
 
イヤなとこがある人ってのは
実は自分がそれを持っている
 
シャドウ=自分の影の部分
 
自分にとって受け入れられなかった感情や考え方が
抑圧されてシャドウになる
当然そこを見つめたくないし認めたくないので
現実に他人を通して現れたときにいやな気持ちになる
 
シャドウに打ち勝つのが大事そうだけど
そこを否定したりすると自分自身の否定にもつながるから
向き合ってそのまま受け入れるのが大事
そんな自分がいてもいいんだよって認めて許すのが大事なんだってさ
 
うーん、実際シャドウを受け入れるのはなかなかむずかしい
 

その処理の仕方~自己流~

距離を置いたり、見ないようにするのはよくやるんだけど
自分で発見したのは
いやな感じの人や、いやな行動をとる人に対して
「この人不器用なんだなー
 もったいないなー」
って考えるのが自分の中でめっちゃ効果的
 
さらに一歩進むときは
「こんないいとこもってるし
 もっとこうしたら素敵なのに」
と勝手にコンサルしちゃう(笑)
 
そこまで来ると
「はっ!自分もできてないことたくさんあるし
 完璧な人なんて誰もいない」
と自分にも目を向けれるし
相手を受け入れることもできる
 
割と気に入っているいやな気持ちの処理の仕方かな

自分をそのまま観察する

ちなみに、いやな気持ちが湧いたとき
「なんでだろう?」
ってそのままその気持ちを見つめていくと
たいていは、嫉妬、羨望、憧れ、好き
って感情にいきつくかな
 
そしてその人やその行動にとらわれて
こうしてほしい、なんでしてくれないの
これはしてほしくない、なんでそんなことするの
何かしらの期待をしてしまっている
  
あ、自分からいけばいいのか
なにかを相手に期待して
期待したものが得られないからいやな気持ちになるくらいなら
勇気を出して自分から動けばいいんだ
今、一つはっきりわかったわ
 
 目の前の相手ならその場で聞いてみればいいし
あとからでも直接聞いてみればいい
もちろんけんか腰でなく
純粋にまっすぐに「なんでですか?」って
 
本音とか純粋な意図がすぐ出るかは別として
案外「な~んだ、そんなことだったのか」ってなるよ
たいていは「気のせい」だったりする
 
目の前にいなかったり、なかなか会えない人は難しい
頭の中でドラマが始まって
勝手な思い込みで作り上げられた「相手」に対して
どんどんマイナスなドラマが展開されていくから
 
その時に、ドラマを見ている自分に気づいて

 

「あれ?今妄想の世界にいない?」
「あれ?それって本当のこと?」
って気づけるかどうか
 
「実際に聞いてみろよ!」
ってたぶん思うでしょ?それを自分に言ってやる
聞く機会がないとしょうがないけど妄想は止まるかな
結局たいていは「気のせい」だったりするよ
 

みんなはどうやってんだろ??

 

いやな人や、いやな行動に対して
「不器用なんだな~」って捉えるやり方は割と気に入ってる
ダークなモヤモヤも出にくくなる
 
みんなはどんな対処法を取ってるんだろう? 
 
教えていただくことによって
自分の中でそれがまたミックスされて
違う視点が生まれることがあるから
違う受け入れ方とかこんなやり方してるよ~
というアイディアがあれば教えてほしいです