エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

【全力疾走】

ぽっかり時間あったので自転車で家から名古屋駅へ。
単純に距離が13kmくらいで普通に漕いで
起伏もまぁまぁありながら約一時間。

途中、全力で漕いで坂を上る。

心臓が締め付けられるほど波打つ。
信号に引っかかれば汗はだらだら。
足もすごい疲労が襲ってくる。

《全力で~する》


言葉でいうのは簡単。
 
「じゃぁ全力って具体的には?」
 
自問自答を結局してなくて
具体的でなくて
コンサルの中で問いを投げられたら
まぁ出るわ出るわ。
 
結局やってない。
具体的なことを「考えること」をやってない。
考えればわかるし、着眼点は分かっているのに。
 
たった5分でいい。
全力で。一つ一つ頭から絞り出して書き出す。
想っていることを一つ一つ
具体的なアクションを出していく。
いつ、どこで、だれが、だれに、
なにを、どうやって、どうする。
 
抽象的なままでは結局何も起きない。
 
さらにいうと抽象的なままにして
わからないから動けない。
いや、動かないようにしている自分がいる。

《やればやるほど、できるようになる》

全力を出す。

考えることに全力を出す。
具体案を絞り出して書き出す。
まず5分でいい。
スクールのこと、自分のこと、相手のこと、
全体をみた大事なこと、などなど。

 
体を全力で使う。
全力疾走。
 
人間関係においても全力で恐れず向かっていく。
わずか数分でいい。
言葉や音やエネルギーをこめる。
全力で関われたって想えるほど全力で。
 
今まで、中途半端に終わってた。
躊躇する自分に気づき
それでも一歩出る!と早い段階でやり始める。

その一線をまたぐ。
その先どうなろうと、恐れず一線をまたぐ。
勇気をもって。
今までにプラスワンをしていく。
 
そして
「体ががちがちでは全力は出ない。
ほんとの全力を出す人は脱力する。
で、目いっぱい自分をつかう」

《こころ、からだ、あたまを鍛えたい》 

特に頭。
思考回路とか
さまざまなものに対するブロックとか。

テーマはいろいろ。
お金のこと、仕事能力のこと、人間関係のこと。

あ、人間関係に関してストンとおちたこと。
「器用に関係を作るタイプではないと自覚して
不器用だけど全力でかかわるってのがたくちゃんらしさが出ると思うよ」
と。 

体も鍛えたい。強くなりたい。
最近、雨の日以外は会社まで20分ほど自転車で通勤してる。
ほかに興味が湧いたモノがあるので、少し悩んで決める。

《チカラが…ほしいか…》

「チカラが…ほしいか…ほしいならくれてやる…」
という、某漫画のセリフ。

以前なら「いやーそこまでは。」だったけど
今は「めっちゃほしい!」と言える。
お金を稼ぐ力、アイデアとか発想する力、単純な体の力
経済を生み出す力、心を強く保てる力。

ほしいから、とりにいく。
まだまだチャレンジは続くし、終わりはない。
辞めるのはいつでもできる。今やめる必要はまったくない。

すべてのことは必要必然ベストなタイミングで起こる。