エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

「〜してほしい」って実は思っていませんか?

自分のテーマをさらけ出していくよ
だれかの役に立てばうれしいな

■自己承認というと■

ワイは他人の目をよく気にする
 
見て欲しい
聞いて欲しい
かまってほしい
気づいて欲しい
認めて欲しい
わかって欲しい
ほめて欲しい
いて欲しい
笑って欲しい
愛して欲しい



「してほしい」だらけ
 

あなたもそういうのありませんか?
それはあってはいけないもんではないけど
 
ワイはちょっと度がすぎるのです
 
それが言動の表現に出てしまうと
自己アピールがですぎたり
かまってちゃんのようになるのです
 
他人の評価や目を気にしてるけど
そもそもあなたは自分で自分を見てる?
ってこと
 
大事なのは
 
『あなたが自分で自分のことを満たす』ということ
 
「他人にこうして欲しい」
と思うことを
まず自分にしてあげること
 
うんうん、ワイはワイ自身のことを
見てるよ
聞いてるよ
気づいてるよ
認めるてるよ
ほめるよ
一緒に居るよ
愛するよ



みたいな感じ
 
そもそも表現する言動自体が
「他人にこうして欲しい」
と思っているからやろうとしている
というあなた自身に気づくこと
 
「あ、今ワイは注目を引こうとしている」
「あ、今見て欲しがっているな」
「あ、今気づいて欲しがってる」
 
気づくからやるかやらないか選べる
気づいてからやるかやらないかを選べばいい
 
見て欲しいけど相手がすぐにいない時あるよね
 
そんなときは
 
「天が見てるよ」
てのもおもしろいよ

 

「〜してほしい」と求めていることが
 
自分を認めて欲しいから
という気持ちからきているならば
それをまず自分で自分にしてあげる
 
そしたらそれは
あなたが自分を大事にするということにつながる
 
極論だけど
FBの投稿は人の承認求めてるよね?
とも言えると思うけど
ほどほどなら
「〜してほしい」というのは必要な気持ちなのです
 
この気持ちはあってはいけないものではないけど
ワイはToo Muchなとこがあるからテーマとなってる

■具体例あげてみる■

やっかいなのは
そのまま「〜してほしい」と表現されるとは限らない
多くの場合は気づかないうちに相手の承認を求めてる
 
「ワイはこういうことをやってきたんだよね」
 →すごいでしょアピール
 →価値あるよアピール
 
「〜しといたよ。〜しといたからね。」
 →やったことのアピール
 →気がきくアピール
 
「これおいしいよ!おいしいでしょ?」
 →共感してよアピール
 
「それってこういうことだよね」
 →わかってるよアピール
 
「あ〜知ってる知ってる」
 →知ってるよアピール
 
見て欲しいとか気づいて欲しいアピールの行動も
文字にしにくいけどいろいろあるのね
 
「やったこと以上にやったことを言う」傾向があり
それは大口を叩くと言う意味ではなく
例えば
「自ら入れといたよ」
「置いとくよ」
「水入れといたからね?」
という感じで畳み掛けて
《やったこと=水入れといたこと》
を「置いとくよ」の一言でいいのに
何回も言ってアピールしてるのです
 
そういう意味で
「やったこと以上にやったことを言う」
ということ
 
相手が気づいてなければ
「置いとくよ」の一言でいいし
すこし気遣いを加えると
「水入れといたから好きに飲んでね」
だけでいい

■自分のことなのです。。。■

上に書いたことは
全部自分が実際にやっていることなのです
もっといろいろあると思う
あぁ恥ずかしい。。。
 
どう取り組んでいるかというと
まずは気づくこと
そして選ぶ
長年染み付いている習慣は手強い
 
おもしろいもので
気づくように意識していると
 
「お前、いま認めてもらいたくてそれやろうとしてるだろ」
「あー、確かに。この発言はTooMuchだわ。」
という客観的な自分との会話ができます笑
 
この自己承認のことって
結構ね
自分の恋愛パターンでも
実例があるなと気づいたのです