エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

「自分探し」のヒントともう一つ大事なこと

どんな世界を作りたいのか

どんな世界観を表すのか

「世界観」という考え方が本当にしっくりはまっている

 

あなたは「本当の自分」とか「自分らしい人生」とか「ありのままの私」とか

それを模索して表そうとしている

もうひとつとても大事なことがある

それは世界観

そんな自分で生きる人生がいわゆる目指したい「世界観」だと思う

在り方で世界が変わる

あなたがいま目の前で見えている、聞こえている、感じている

その全てとあなたそのものを合わせたものがあなたの人生全てで

あなたの人生の中で見えている、聞こえている、感じているその世界は

あなた自身が見たいように見ることができる

あなた自身がどうあるかで世界の見え方が変わる

 

全ての現象はあなたから起きているし

全ての原因は自分の中に眠っている

 

どんなあなたがあなたの世界を作り出すの?

あなたはどんな世界を見ていて

どんな世界を作りたいの?

どんな世界で生きていきたいの?

 

「本当の自分」や「ありのままの私」が見ている「自分らしい世界」はなに?

あなたの世界観はなに?

なんか見えてる?

ならばそれを目指していこう

なんも見えてこないって?

もっといろいろ冒険していろんなものを見て五感で感じてみよう

あなたの喜ぶこと

あなたが楽しいこと

あなたが好きなこと

あなたが気持ちいいこと

それをちゃんと一つ一つ感じていけばきっとわかるよ

要するに自分を大事にするってこと

も少しいうと

自分の感じてるものを大事にするってこと

大切にしたいもの、いらないもの

自分の中に子供のように聞いてみる

「今のはどうだったかなぁ?」

いい感じ、好きな感じ、気持ちいい感じは

「わたしはこれが好きなんだね。大事にしようね。」って

ぎゅーっとして受け止めて

この感触は大事で気持ちいいから未来へ持って行く

 

やな感じ、嫌いな感じ、不快な感じは

「じゃあそれはポイしちゃおうね。」って

ぽいっとその場で捨ててみる

忘れちゃおうね、嫌な感じだもんね

 

出来事だとやりやすいけど

人に対してはやりにくい部分もあるかもね

あの人の言ったこと

あの人のやったこと

嫌ならポイってしていいんだよ

「私にも悪いとこあったしな」とかいらないよ

立場とか役割とか気にしなくていいよ

その場その場の判断だけでぽいっとしていいよ

どんな人にもやなとこあるし

それをやるからこそ

それでも好き

ってこともよりわかるし

「それは好き!」

「うっ!それは苦手だ。無理。」

って言い合えるような深い関係になれるよ

 そうして世界が見えてくる

人も出来事もそうやって

自分にとっての「好き」「嫌い」を

ちゃんと受け入れたり流したりすることで

自分が大事にしたいことが見えて来て

自分を愛することができて

好きでいれて

認めることができるようになると

「本当の自分」とか「ありのままの私」とかが見えてくるよ

 

そんなあなたが見たい世界はなんだろう?

そんなあなたが作りたい世界はなんだろう?