エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

気づいたかも。人生を変えるコツの一つ

あなたにたいして肯定的なものに出会うと、それを受けてうれしくなったり気持ちよかったりすることがあると思うんです。褒められたり、認められたり、受け入れられたり、愛されたり。

でもあなたにたいして否定的、批判的なもの(そう感じられるもの)に出会うとしんどいですね。見つめたくない領域をつつかれたりして、なかなか受け入れられなくて、防御反応出ちゃったりして。怒り、嫉妬、悲しみ、焦り、いらだち。

ちなみに、すべての感情は「愛されたい」から始まっていると思っています。そしてたいていまずは「自分を愛すること、大事にすること」だと思います。

ぶるぶる

なんかね。最近、感情がブルブルすることが多くて改めて思ったことがあるのです。

こういう否定的に感じられることをどう受け止めるかで人生って大きく変わるなって。なんちゅうか、自分との出会い方は変わるなって思うんです。結果的にこの先の人生も変わるんだなって思ったのです。

だから「感情が動いた時が自分を見つめるチャンス」っていうんだろうな。

どう受け止めるかは選べる。でも出来事って自分にとって必要なタイミングで必要なことが必然的に起こって出会う。向き合ってもいいし、誰かに聞いてもいいし、逃げてもいいし、置いといてもいいし。

ちゃんとそれに向き合って、受け止めて、でも無理しすぎないように休んだりもして。逃げていたらまた現れてきて、結局向き合って。

人の意見だとその人が全部じゃないから判断は難しいけど、いろんな人から同じようなこと言われたらやっぱりそこは向き合わないといけない部分。観念するしかない。

終わりのない道

自分を知るとか自分を見つめるとか自分を探すとか本当の自分に出会うとか、その道って果てしなくて終わりがなくて、見たくない部分や見つめたくない部分もたくさん出てきて、本当に辛い時もあって逃げたくもなって。胸の辺がギューとかなったり。

でもそこに向き合った時に出会う自分はすこしなんか成長した感じがしてる。

この果てしない道を進んでいくのは覚悟はいると思うけど、瞬間を毎瞬、毎時、毎日日々楽しむように生きていればいいと思います。未来のこととか過去のこととか変に考えたりせずに、「今ここ」に在るものや在ることを大事にして、目の前の「今これ」ってのをやればいいと思う。

その時しんどいことってぜーんぶあとでネタになるんだ。「そーいやあんとき、めっちゃ落ちてたよね笑」って。

それを知ってるから、この果てのない終わりのない道も歩いていける。なによりそれに取り組むことを一緒にできる人がいるのはありがたいものです。