エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

「今、これ」をはっきりさせると結構心地よいよという話

「いまここ」って概念があると思うのですが、それに似たような言葉、「今はこれに集中するんだ」「今はこれをやりたいんだ」っていう「いまこれ」って言葉が気に入っています。

僕の「今これ」

派遣の仕事。生活を安定させて基盤をつくるため。
物販事業。「お金を稼ぐ」という経験とその先にある自由自在の幅を広げるため。
オモキチという場とそこに住む人たち。今、目の前にいる人を大事にする。ということをやるため。ほか、ごくごく一部の人たちを大事にする。

今の僕はこれだけしか大事にできなくて、いわゆる集中と選択を意図的にしています。その全てのベースに「自分を大事にする」ってのがあります。

そのため、つきあいが悪くなってたり、初対面の人とお互いを知るコミュニケーションをすることを少し手放してます。Facobookもろくに見ないし、投稿もあんまりしないし、連絡の反応も遅いだろうし。でも女の子は大好きなのでひいきしたり。

だからといって、切り捨てるとか無視するということをしたいわけではなくて「ごめんなさい。今はこれに集中したいから、それ以外のことをあんまり大事にできない時期です。」って感覚なんです。だから見守ってくれてると嬉しいと思っています。
なんかね、そんな時期もあっていいんじゃないかなーって。一つの物事を突き詰めて突き抜けるまでやり続けるための集中する時期。

いい人ぶるというか、八方美人というか、元々はそういう性格なんです。「全部大事にしたい。やなやつって思われたくない。」ってめっちゃ考えるんです。でもいろんな方面に「気」を配ったり、「気」を使ったりしてると「気」が散るなーって。

派遣の仕事。

何をやるにしてもね、お金の不安はなるべく減らしたほうがいい。それが足かせとなって前に進むのが大変になるから。週5日、8時間労働は確かに大変だし、やりたいことのための時間は減るけど、その少ない時間だからこそ集中して取り組めるし、生活費稼いどけば余計な心配は減るのです。

たしかに、背水の陣で仕事辞めたりして、やりたいことだけ一本に集中して結果出す人もいるんだろうけど、それって一つの才能でそれができる人って一握りだと思っています。ちなみに「なんかわかんないけどお金入ってくる」系の人も、ひとつの才能だと思ってて、一握りだと思っています。

なんかね「好きなことやりたい!でもお金ない!」って人結構いると思うのです。不安抱えたままだと、見ないようにしてても、ふと現実見つめた時にずしっと重くのしかかる。不安抱えた状態よりも、不安が少ない状態の方がよりいいものを生み出せるんじゃなかろうか。正直ね、「いや、まず普通に働こうよ」って思うこともあります。

それでもなんとかなる人はいいんだろうけど、「お金がない」という理由でなんかを諦めたくない。大きなお金のかかることよりも、とくに日常の些細なことほど諦めたくない。「お金がないから」ご飯我慢とか、お菓子我慢とか、遊ぶの我慢とか。これは積み重なるときつい。

物販事業。

今は、仕事終わった後に夜な夜な、休みの日も時間の限り取り組む形で、コンサルを申し込んで学びながら、試行錯誤しながら少しづつ進めています。一生やるかどうかはしらないよ。でも、「お金を稼ぐ」「お金稼ぎに走る」っていう経験をしたい。月収40〜50万を稼げるように。そのための手段です。

こういう一つ一つの経験が、ずーっと変わらず見続けている「自由自在な人生」への道だとわかっているから。

愛する人を守れるだけの経済力を持ちたい。望みが湧いた時に、できる限りお金を理由に諦めることのないようにしたい。稼げる男でいたい。だって男の子だもん。

僕の住むシェアハウス「オモキチ」

このオモキチのおかげでいろんなものにすでに出会えているし、これからも出会っていく。僕もここに住む家族みんなも、想いや夢が加速して少しづつ実現していっている。だからこの場所を大事にしたい。そして、僕はそんなにたくさんの人を大事にできるほど器用じゃないし、エネルギーもない。

だったら、今、目の前にいる人を大事にする。それが今の僕にとっては「オモキチ」という場に住む家族。カミギン島で2ヶ月一緒に過ごした家族。共に学んだ相棒。あとは自分の周りにいる少しの人たち。

一緒に何かをやる、仕事だったり寝食を共にすること、っていうのはとても深い繋がりを生み出す。その可能性を秘めた目の前の人をとてもとても大事にしたい。

その人たちとのコミュニケーションをより深く、よりたくさんやることで、お互いをより深く知り、その「あいだ」にナニカが生み出されていく。自分が抱えるコミュニケーションのテーマに取り組むこともできるし、自分自身を見つめることもよりできるようになる。

こういう家族のようなつながりがあるってありがたい。なくてもいいかもしれんよ。でもあるとうれしいし、大事にしたい。

変化もいろいろ

本当にここだけに意識やエネルギーとかの資源を集中させていくとおもしろいくらい感覚が変わってきます。

義理とか遠慮とか気遣いをしていた部分を手放したのでいろいろ楽になりました。「あぁ、本当は自分は今のこの状態が心地よくて、今まで少し無理しとったなぁ。」ってな感じです。その手放して空いたスペースができたことで、新しいものに出会ったり、たぶんまた違った形でその手放したものと出会うんだろうなって思います。

あんまり先のことは考えすぎず、今に集中してく。来年どうなってるかもわかんないし、お金を稼いだその先のことはまだわかんないし、でも稼いだ時になんか見えてくるだろうし。その道のりの中でどんどんいろんなことも起きるし。結局、生きている人生の先行きの謎さが、自分自身をワクワクドキドキさせてくれる。

だいたいいつもこんな感じ。いつもいい感じ。

だから人生っておもしろいな。