エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

前世みてもらった

先日、大阪は心斎橋にある前世を見てくれるという前世喫茶「ローデストン」に行ってきました。前世を3つ前まで見てくれて、紙に名前を書いて渡したらお茶しながら盛り上がっている間に見てくださっていて、結果とか色々教えてくれます。

いわく、前世は魂の記憶であって、今世でやっていることやテーマとなるものは前世でやれなかったこと、やってこなかったこと。それを今世で取り組むのだそうです。そして良くも悪くも、前世の記憶は残っていて今世の性格とか気質とかに影響したりもするそうな。

前世の結果

■81年前のアメリカボストンにて物理学の研究者の男性
■173年前のチベットで仏師の男性
■266年前のトルコにて彫金師の男性

色々言われましたけど、笑えることもあれば笑えないこともあったり。

まず言われたのは「かしこい人」です。おー。うれしいうれしい。「根拠のない自信」を持っている。これ割と当たってます。自制しないとなー。そして基本的に職人気質で一つの道を極めてきている。「根拠のない自信」がないと、極めることってできないんじゃないかなー。だからあってもいいと思いますよ。ね。職人気質ってのは自覚はないけど割と言われます。

お金とは300年間、女性とは200年間関わってこなかった

前世はお金に関わらなかったそう。たぶんお金稼ぎとかしなかったんじゃないかな。必要最低限、みたいな。そして物理学者と仏師は独身だったそうです。だから今世ではこのお金と女性に取り組むようです。わかりやすく乱暴に言うと「金と女に走る」ということかな。いや、ちょっと表現が悪いな。ちゃんとお金に向き合い、稼ぎ、流す、そして女性とのパートナーシップ、すなわち恋人、家族というところに向き合い大切にする。

あれ?今まさにその部分をやるっていう流れに乗っている感じだな。「お金を稼ぐ」をやっていこうとしてるし、恋人欲しいし(みんなそうか)、女性をえこひいきするし、Instagramは美人鑑賞がメインだし(趣味)。

まさに「お金を稼ぐ」に取り組んでいますって伝えたら、お金は「稼ぐ」のではなく「いただく」という視点で捉えたらもっと回ってくる、とのこと。なるほど、「稼ぐ」のは流れているものを掴み取って止めるイメージかも。

他のみんなも割と「今年の総括?」と思えるようなことをズバッと言われたりもしました。全部は説明しきれないですけど、結構「へぇ〜」「たしかに」「なるほどー」ってことも各々多くて、楽しかったですね。

すこしスピリチュアルな言い回しですが、魂がなにか使命ややることを持って地球に降り立って、今の自分の肉体を使って人生をやっているのだとしたら、このオモキチのみんなは割と今年はその本来やるべき、今世で取り組むべき、魂の流れに沿っていくタイミングだったんじゃなかろうか。とか、考えてみたり。

恋愛に関して、どんな流れで言われたか忘れたけど、遊びで恋愛ができないタイプで真面目に向き合うでしょ、と言われました。付き合う人は結婚をどこか意識している。これは割と当たっていますねー。高校生の恋愛の時から、割とその意識がどっかにあります。だからなかなか好きな人できない。でも、求めるものが重いとかではないんですよ。長い目で見てしまうのです。もちろん「いま」も大事。

もう5年くらい恋人いないけど、フリーの身でも遊びで付き合うとか関係持つとかもできないし(やれないしできない)、風俗はそもそも行きたいとあまり思わない。最近少し飛田新地に興味湧いてますけどね。だって男の子だもん。

木の性質

あと、魂の永遠に変わらない陰陽五行の木火土金水の性質があるそうです。「木」といわれました。細かいこと忘れたけど、睡眠が大事、寝たい時に寝るのがいいって言ってたな。寝よう。無理はいかんよ、無理は。睡眠は大事。

まとめ的な

自分を知るツールって色々あるけど、いろんな角度や切り口から「自分」のことを知る時に全部受け入れるでもなく、捨てるでもなくバランスよく受け止めるようにしています。よくいわれることと、あまりいわれないことと、全然ピンとこないことと、結果は色々だと思うのです。一つ確かめる方法があるとしたら、他の人のやつを自分に置き換えてみることですかね。僕はよくやります。星座占いとか血液型占いとかで自分と違うのを見てみるんです。

まぁ信じるも信じないもあなた次第、ってやつだ。

なによりオモキチメンバーで楽しい時間を過ごせたのがよかったのです。

だいたいいつもこんな感じ。いつもいい感じ。