エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

人間関係のことで思ったこと。似た人もいるのかも知れないね。

テーマが二つ出てきた。
ひとつは友達の定義ってなんぞやか。もう一つはワイの基本スタンスについて。

たぶん友達の定義って人によって違うと思っていて、かといって「何かをしたら友達」って線引きがあるわけでもない。いきなり結論だけど、定義なんてわかんない。

友達だから何でも話せるとか、友達だから何でも許せるというのはわからんでもない。でもそれができないから友達じゃないかっていうとそうでもないでしょ。これはもはやスタンスの違い。

で、それをできないから友達じゃない、とかのたまうのであれば、「去るもの追わず」と「(究極な話)どっちでもいい」の基本スタンスを持っているので「じゃあしょうがないね」ってなる。めっちゃドライなとこがある。

たいてい本当は「さみしさ」があるくせにさ。その離れてしまう悲しみすらも自分だけで抱えようとする。あ、ガチでさみしさがないパターンもたくさんありますよ。

しょうがないっすよねって感じ

まぁしょうがないじゃん。どれだけ深く何でも話したりできるかのスピード感なんて人によって様々だし。早い段階でカラッとさらけ出す人もいれば、じわじわ少しずつさらけ出す人もいる。さらけ出さないままの人もいる。ワイはじわじわとしか出さない。

友達に話せないことを知り合いレベルの人に打ち明けられることもあるし、友達の中でも、この人にこの話題は話せるけどこの人にこの話題は出せないな、とかあってしかるべきだと思うのです。しゃーない。

「去るもの追わず」とはいえ、それが好きな人だと少し追いかけようとします。ワイのスタンスは友達と好きな異性とで違う。ただ一応、誰に対しても同じ時を過ごすなら、「せっかくのこのご縁だしなかよくやれるといいな」ってのは思ってる。

運と縁とタイミングがつながって出会い、ハプニングとフィーリングでよりわかりあえるのかな。ただただタイミングの問題で「今じゃない」なんていくらでもあるよね。だからこそ、出会った縁は奇跡的なタイミングで出会ってるわけで、基本的には大事にしたい。

心の扉

そもそもワイ自身はなかなか心開かない。小中学校時代のいじめられていたことが大きいと思うけど、「人はどうせ裏切る」「人を信頼しきれない」という考えが根深い。心の冷たい部分だな。凍ってる。

二人とかだと普通なくせに、学校だと一緒にいじめてくる。むしろ主犯。遊ぶ約束をしてもすっぽかしもあった。きつく当たられた先生もいたな。職員室とか他の先生がいるとにこにこ話しかけてくるくせに。

「人間ってなんなん?友達ってなんなん?人は信頼できん。一人で生きれるようにならねば。」ってなってた。だいぶん和らいだとは思うけど、やはり根深い。わりと器用になんでもこなせるのはここから来てるのかもね。一人で何でもできるようにならねば、っていう。

いつも警戒心というのか、どこか心の中で裏切りとか離れることに対する準備をしてる気がする。めっちゃ警戒してうなってる子犬みたいな。そんなかわいくはないか。

そりゃ相手からしてもなかなか心開きづらいよね。振り返ってみると心から信頼できたのは家族と恋人だけじゃなかろうか。あと数少ない親友かな。

「この人といると何でも気が許せて、安心できる。」
っていうパートナーを求めている気がするよ。癒されたいんだろうね。「大丈夫だよ」ってね。たぶん泣くわ。

それでも「あなたがいなきゃダメ!」というほど依存するわけではない。ともに自立した上で、それでも一緒にいたい、と思えるのは大事だと思う。

友達と思う人に対しては

でもね、多少なりともワイの基準で「トモダチ…」って思う人に対しては自己犠牲をしてまで「なんとしても可能な限りのお主の期待に応えたい」という心が働くようになっております。

そういう性質なんよね。そしてそれができなかったりすると「まだまだ拙者の修行が足らぬ」と、自分責め。「自分が未熟だから、成長して強くなればいい。」と思ってる。このあたりはも少しゆるーいスタンスでありたいな。

相手のスタンスに関係なく、でもこっちは友達だと思っている場合、何か困ったときはたぶん助けるし、そうしない理由はない。だって友達だろ。「好き」に理由がないのと一緒。「だって好きなんだもん」の感覚。

ドライといいつつも、好きな人、大事な人に対する想いは出さないだけでなかなか大きいのです。出さないから伝わらないんだけどね。勝手に想ってるよ。

共有の量が信頼の量につながる

何でも話せたり許せるのは、「信頼の深さ」なんかなぁ。それだけ信頼してるから友達だろって。それを作り上げるのは、共に過ごした時間の長さと、共に過ごした対話の深さによるんじゃないかな。

どれだけ自分を出せるのか、どんな自分を出せるのか、どれだけ自然体でいられるのかどんな自分で居られるのか。どれだけの喜びや楽しさの表に出やすい「陽」を共有できるのか。どれだけの悲しみやつらさやなかなか表に出さない「陰」を共有できるのか。

もうね、相手によりますね。基本的に弱みを見せたくないし、人前では泣きたくないし、泣かない。強がるし、カッコつけたがるし、プライドが高い。めんどくさいな自分。

ここ数年で、書き連ねたような闇(?)な自分をたくさん知った。知ったというか気づいた。まだあると思うけどね。気づいたことで「しょうがないよね、それも含めてワイだし。」ってとこと「しょうがないよね。でも対応してよりよくなれたらいいな。」ってとこも出てきた。

いろんな本質を知って、変えていけるように意識はしてるものの、人間関係とか人とのコミュニケーションって難しいなぁって思うんよ。ほんとコミュニケーションはヘタ。めちゃ不器用。

 

でもね

昔より笑顔で一緒に過ごせる人にたくさん出会えた。

時間とか場所とか「間(ま)」が空いても

まるでそれがなかったかのように再会できる人が増えた。

少しずつドライな自分に潤いが与えられ

少しずつ凍ったところが溶けてきてるのかもしれない。

少しずつ人間社会で生きていけるようになってるのかもしれない。

しらんけどね笑