エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

最近の考え事~仕事のこと

転職して早一年。

世間の価値観とのズレを感じながらも、立派に仕事人をやってる。与えられた仕事をどんなことでも雑用でもちゃんとやり、信頼を増やし、休みの日もたまに仕事がらみの情報収集をしたり。凡事徹底。

今までの生き方では、ここまでサラリーマンとして仕事のために自分のエネルギーを集中させたことはなかった。いわゆる副業とかダブルワークとか、なんか別のことを常にやってたし、人間関係を会社の人に限定したくなくて社外につながりを求めてたりもした。

好奇心旺盛でいろんなものをたくさんみたいし、過度な束縛をきらい、自由に飛びまわりたいタチなのです。

自由に飛び回りたいのは決していろんなとこに行きたい、ということではなく、もっと広い意味で「自分の時間を自由に好きなように使いたい」ってこと。ほんでこの世界のいろんなものを体験したい。

好きな人に会いたいし、気分乗ればでかけるし、一日家で身体を休ませるためにだらだらするし、本ひたすら読むし、好きなもん食うし、ゲームとか映画見たりもするし。

ごく少数の親友と、楽しい時間を過ごせる友人はのぞいて、人に会うことで元気になるタイプではない。ひとりでいたい、と感じることの方が多い。

エネルギーを外から取り込むよりも、自分の内部から発生させて循環して元気になるかも。

その時間でよく考え事もするし、自己対話もわりとする。

■■ 頭に浮かぶ考え事 ■■

最近では正社員と収入の柱、について考えることが多い。

そうそう、人生初の正社員なのです。いままでこだわりもなくて、派遣か契約だったもので。

なにを考えてるのかというと、正社員雇用なのだけど、契約書には契約期間がかかれている。法律上では問題はない。正社員という単語は実は法律上は存在しない。ただ、社会通念として「正社員=無期雇用」で、契約期間なんて存在しない、らしい。ある意味企業の姿勢次第なのです。

「正社員だから安心?」

これはワイが大学生の頃からずーっと抱いてる「?」です。わかるけどね。ウチは中小企業で、創業者とそのつながりで五年ほどかけて成長させてきて、ちゃんと社員を外部から雇ったのはワイが初めてに等しい。

ちゃんと確認してないんだけど、だますとかうまくコキ使うためではなく、なんか考えや事情があって契約期間を雇用契約書上設定せざるを得ないのではなかろうか。ひとつは正社員を雇うノウハウがないことかな。体制がまだまだ整えられていない。

あとは、まだまだ小さな発展途上の会社なので、会社としては有期雇用契約の方がメリットはある。下手にたくさん雇って使えるかどうか試すことできないし、変な人きたら切りやすいのです。あとは助成金がらみもありそう。

正社員のノウハウがない会社なのだけど、ワイ以降に雇われた社員では家賃補助は初めてつけてもらえたし(てかワイだけ)、ボーナス(一年目は寸志とはいえ)は一番多くもらえた。

これは自慢したいわけではなくて、正社員として、すなわち長く働いて欲しいという姿勢や正社員としての待遇をしてくれていることの現れだと思ってる。

■■ なにが「普通」なのやら ■■

確かに結婚とかを考えると、そこを気にする人はちゃんと世間一般の契約期間など定められてない正社員の方が安心なのかね。正社員の定義を調べていくと、紛れもなくワイも正社員ですね。ちょっと世間一般の普通とは違うぽいですが。

まぁ、そんな条件に縛られて、もしその条件がなくなったときどうするのかねぇ。「稼ぎがいいから安心!」「大企業にだから安心!」とかとか。

うーん、自分がこんなことゆうてる半分はコンプレックスの裏返しのような気がするな。持ってないから劣等感を感じる。半分と言ったのは、たぶん自分が持っててもそこにこだわるのはナンセンスな気がしてるから。変にとらわれるなよ、って感じ。とらわれると見失いますからね。

それはさておき、やりがいと人間関係の充実度合いがめちゃくちゃいい会社で、中小企業とはいえ伸びゆく会社でつとめて、仕事面において満足充実できることもとても大切だと思うのです。

ま、完璧なことってないので、会社にイヤだなって時々思う人もいますよ。つらいことも不満もたまにはあるよ。人間だもの。

■■ まとめにかかる ■■

そして、そんな会社にエネルギーをほぼ注いでるので、なかなか気が向かないのですが、収入の柱を他にも作っときたい、資産形成をしていきたい、と考える今日この頃。。。

収入の柱が一本だとある意味、不安定なんですよねぇ。

物販事業は完全にたたみ、確定申告も終えたし、今年はなにしようかねぇ。

しばらく、のんびり。充電期間。

いま、と、この先を考える時期かねぇ。

うんうん、だいたいいつもいい感じ。