エゲツナク、ブットビタイ

無難に生きてきた。もっと自由に生きていいと知った。ぶっとんでみたい。ぶっとぶまでのリアルな軌跡。

たまにある「この会社でこの先どうする?」について、他の人のこと気になりませんか?

たまにある「この会社でこの先どうすんの?」というモヤモヤについての頭ん中を出してみる。

いわゆる、キャリアについてはときどきモヤッとする。

あ、今の時点で転職とか退職を考えてるわけではございません。

今の会社は3年目に入り、配送部門を1年半くらいやり、マーケティング部は8ヵ月目くらい。

急にぱっと切り替わったわけではなく、兼任しつつ、少しずつ配送の仕事を手放していった。

メインは広告にまつわる業務ではあるけれど、僕自身のやってることは幅広い。

不正注文監視、広告運用、広告作成(テキストやバナー)、代理店対応、モール系管理、SNS管理(運用レベルではない)、ショッピングサイト・コーポレートサイト管理(デサイナーさんとのやりとり)、などなど。

やりたいこと、期待されていること、なりたい自分、のギャップを感じながらも、そのギャップ=間(ま)を無理矢理埋め立てて『いまやってることはそこに向かうために意味がある』と、とらえようとしている。

そして、その埋め立てしてることは正しい。直感だけど。

ちなみに、わりと何でもやるという器用さと、何でもやってみたいという好奇心のおかげで、できるできないは考えてない。

やってみんとわからん、やればできるようになる、の二本立てで立ち向かっているのです。

■ ギャップの正体 ■

さて、ギャップの大きな原因は二つかと。

ひとつめ、「期待されていることを正確に把握できていない」こと。

ふたつめ、「なりたい自分をアピールできていない」こと。

期待されていることについては、現在地の把握のためにもストレートに聞くしかないか。

そのときに、進む方向性も少しは見えるでしょう。

やりたいことについては、なりたい自分から派生すると思うので、やはり「なりたい自分のアピール不足」かなと。

会社で働くって難しいな。

ただ、今回の文章を書きながら、このあたりは明らかになっていきました。

■ どうなりたい?何をやりたい? ■

僕は幹部、経営層として会社に関わっていきたい。

ひょんなことで出会えたこの会社はほんとに好きで、僕という資源を存分に活用して貢献したいと思ってる。

この会社の未来をみてみたい。作り上げたい。その歴史に関わりたい。

前提として、僕は好奇心旺盛で未知の世界を見たい知りたい欲求がとても強い性質をもつ。

お金に関する世界にも、もちろん未知な世界がある。

ふらふらと流れに乗りながら仕事をしてきたので、年収で500万は越えたことがなく、そこを越え、月収で60万とか70万とか、手取りで40万とか50万を継続して稼ぎ続ける。

これは未知の世界。

そしてもうひとつが経営層や役員という世界。

そのためには?を掘り続けると、経営層として関わるため、年収をあげるためには役職につくことは大きな手段となる。

役職につくためには、スキルを獲得し、アップグレードしつづけ、人間性を磨き続けること。

人間性を磨くことは、メンターとの対話で生まれてたな。

抽象度は高いのだけど、『人間性を磨く』のは人としての魅力を高め、基礎スキルを高いレベルでこなし、高度なスキルを身につけていること。

書き出すととんでもない量のスキルになりそう。

そしてなにより、人に好かれること。

役員とか役職がつくには、部署の人数(まだ四人で社長が中心なので役職はいらない)問題もあるけど、上からの信用信頼ですな。

上というのは、主に会長専務社長の三人が中心となるはずたけど、

社長→僕をマーケティング部に引き入れたのは社長。だいぶ信頼はあるような。直属の部下なので仕事の信頼アップや、成長度合いは感じてもらいやすい。

専務→会社でのメンターである。おや、成長を身近でみてもらえるし、想いや思考を共有しあってアピールもできる。

会長→仕事においては僕が「勝手に自主的にやるから」という信頼もあってか、たまにほかで投げ先のない仕事が僕にポンと来る。

おや、結構いいポジションだな。

あとは他部署の幹部の人たちの信頼をあげていくのも大切ですな。

これのほうが難易度高く感じるかもしれない。

横断した仕事をやるか、部署のメンバーとの信頼関係を築いていくか。

日々の地道な行動の積み重ね。

それが結局、人間性を磨くことにも通じる。

とはいえ、なんだかんだ実績上げて『目立つ』のも大事ですなぁ。

■ すっきり見えてきた ■

うん、このあたり、図にして書いたらいろんな要素が循環して関わるようなので、循環しながら螺旋階段をのぼるように、高めていく。

今やってることをきっちりこなし、成果を上げる。

これにつきるか。

会社からの期待と自分の望みを知るという現在地を把握して、自分を信じて突き進む。

あー、グランピングで火ぃパチパチさせながら語り合う、という空間を味わいたい。

うんうん、なんかいい感じ。